本章の課題
・最速のタイミングで打撃を打つ
・消費なし打撃
・ジャンプ打撃の実践
・最速で投げる



 概念や理論について述べてきたこれまでの章にかわり,本章はそれらを実践できるようになるためのものです.ここでは先行入力時間 (chapter 51)[1]を活用して,バーチャファイターにおいてもっとも重要な有利・不利 (chapter 4)[2]の概念に基づいた行動をとることができるようになりましょう.

 フリートレーニングモードでは,コマンド記録によってCPUに最大3通りの行動を記憶させることができます.この機能の活用例は,Training 7Cで現れます.練習に関する注意事項は‘Key Training Points’を参照してください.



7・1 Training 7A:[1,2] 最速で打撃を打つ

I. コマンド記録 
 CPU, 剛: 肘当て 6P (発生14フレーム) → 脛打ち 2P (発生12フレーム)

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 71

Key Training Point 11
 6Pを入力した後,すぐに2Pを押しましょう (連打してかまいません).



II. 表示設定
 詳細表示



III. 練習
 CPUの肘当てをガードした後 (4フレーム有利), ミドルキック 3K (発生16フレーム)で反撃しましょう.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 72

Key Training Point 12
 硬化時間の最後の12フレームの間に3Kを入力すると,最速のタイミングで打撃をうつことができます.[1] 先行入力時間中にコマンドを入力する操作に慣れてきたら,別の打撃で練習しましょう (Figure 73). たとえばジャッキーのビートナックル P+K (発生16フレーム)を用いると,下に示すコンボを決めることができます (Combo 71).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 73

バーチャファイター VF5FS攻略
 Combo 71



7・2 Training 7B:[3] 消費なし打撃

I. コマンド記録
 CPU, 影: 肘打ち 6P (発生14フレーム) → 弾拳 P (発生11フレーム)

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 74

Key Training Point 13
 6Pを入力した後,すぐにPを押しましょう (連打してかまいません).



II. 表示設定
 入力履歴表示



III. 練習
 CPUの肘打ちをガードした後 (4フレーム有利), ジャンの消費なし逆正拳突き 66P (発生15フレーム)で反撃しましょう.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 75

Key Training Point 14
 1F消費を避けるために,先行入力時間よりも前にダッシュコマンド 66の入力を完成させましょう.[3] この練習は少し難しいかもしれません.chapter 14で実践的な入力法を紹介します.[4]



7・3 Training 7C:[5,6] ジャンプ打撃の実践

I. コマンド記録

 記録 1
 CPU, ブレイズ: ジャンピングハンマーナックル 8P+Kジャブ P (発生12フレーム)
バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 76


 記録 2
 CPU, ブレイズ: ジャンピングハンマーナックル 8P+K → 2 or 8 (Defensive Move)
バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 77

Key Training Point 15
 記録 18P+Kを入力した後,すぐにP を押しましょう (連打してかまいません).

 記録 28P+Kを入力した後,Gボタンを押した状態で2または8に短くレバーを入れ,続いてGボタンを離しましょう (See also ref [6]).



II. 表示設定
 詳細表示



III. 練習
 CPUのジャンピングハンマーナックルをガードした後 (9フレーム有利), ウルフのジャンピングプッシュキック 9GK (発生19フレーム)で反撃しましょう.


Key Training Point 16
 先行入力時間中に9Gを入力した後,自身の硬化が切れてからKを押しましょう.

 CPUがPで暴れた場合には (Record Commands 1),ジャンピングプッシュキックカウンターヒットします.詳細表示ジャンピングプッシュキック発生19フレームになっていることを確認しましょう (Figure 78).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 78


 CPUが避けを選んだときには (Record Commands 2),ジャンピングプッシュキックはCPUの失敗避けをホーミングしてヒットします. この場合もジャンピングプッシュキック発生19フレームになっていることを必ず確認しましょう (Figure 78). 今の段階で,ここで何が起こっているのか分からなくても心配いりません.避けの特性については,chapter 31で解説します.[6]

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 79



7・4 Training 7D:[7,8] 最速で投げる

I. コマンド記録 
 CPU, 影: 肘打ち 6P2_ (しゃがみ)

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 710

Key Training Point 17
 6Pを入力した後,すぐにレバーを下方向 (1, 2または3)に保持しましょう.



II. 表示設定
 いずれも可



III. 練習
 CPUの肘打ちをガードした後 (4フレーム有利), 任意の方向 (4, 5または6) とP+Gを同時に入力しましょう.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 711

Key Training Point 18
 P+G先行入力時間中に入力されていれば, CPUがしゃがみ状態[9]となる前に投げることができます.入力に慣れてきたら,消費なし66P+Gに挑戦してみましょう (Figure 712).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 712



References
[1] コマンド入力の秘訣 1
[2] 有利・不利
[3] コマンド入力の秘訣 2
[4] 戦略2を実践するための練習
[5] 打撃の属性 3
[6] 避けの特性 1
[7] 投げの特性 1
[8] ファジーガード 1
[9] 打撃の属性 1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

プライバシーポリシー

本サイトではよりよいバーチャファイター攻略の提供を目的として,Google Analyticsを用いてアクセス情報を収集しています.Google Analyticsは,ファーストパーティCookieを利用して利用者のアクセス情報を収集します.アクセス情報の収集方法および利用方法は,Google Analyticsサービス利用規約およびGoogleプライバシーポリシーによって定められています.Google Analyticsについての詳細は,次のページをご参照ください:Google Analytics

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

・記事が役に立ったら左のバナーをクリックしてね!
・Please click the banner if you are satisfied with our article!