本章の課題
・ファジーガードの実践
・ファジーガードの弱点をみつけよう



11・4 ファジーガードの実践
 バーチャファイターのシステムの中でも,とりわけファジーガードは重要なもののひとつです.section 11・2で述べたように,しゃがみ前ダッシュには6フレーム行動不能時間が存在します (See also Diagram 113).[1] 言い換えると,相手の中段打撃投げとの二択に煩わされる事なく,ファジーガード中に追加のコマンド入力を行う事ができるということです.ここではファジーガードの実践例のひとつとして,屈伸暴れを紹介します.屈伸暴れの操作は,しゃがみ前ダッシュを入力した後,直ちにGボタンを押し,その状態で望みとする打撃のレバー入力を行うものです.

 下に示す図でPlayer 1は,裡門頂肘 66P硬化時間中しゃがみ前ダッシュ 32_3を入力しました (Figure 116). 続いて,ガードバッファリング[2]を利用して上歩川掌のレバー入力46を行った後,Pボタンを押しました.Player 2の投げファジーガードによって避けられてしまい,結果として生じた投げスカりモーションに上歩川掌が確定します.[3]

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 116



 Figure 117では,Player 2が投げの代わりにエルボーバット 6Pを選んでいますが,Player 1は同様の操作でガードすることに成功しています.エルボーバットをガードした後にPlayer 1の上歩川掌が発生していないことに注目しましょう.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 117



 最初のうちは,屈伸暴れを身につけるのは難しいと感じるかもしれません.下の動画をみて,入力のコツをつかみましょう.いずれにせよ,ファジーガードは後の章で説明する他のさまざまな防御技術と組み合わせて使用することができます.





11・5 ファジーガードの弱点をみつけよう
 有利フレームを獲得した状況から攻め込む側に立つと,ファジーガードは非常にやっかいな防御技術です.中段打撃投げのどちらか一方を選ぶ二択は,バーチャファイターの根幹を成しています.しかし,ファジーガードに対しては,この古典的な二択は,ひょっとすると役に立たたないかもしれません (See Figure 116 and 7). それでは,有利フレームを活用するにはどうすればよいのでしょうか.

 ファジーガードは,最速のタイミングから少し遅らせた投げで崩すことができます. (cf. chapter 113).[4] また,相手はしゃがみ状態となっていることから,下段投げをもつキャラクターはファジーガードを捕えることができます (Figure 118 and Diagram 114). あるいはガード崩しをもっているならば,Final Showdownにおいて最も強力なキャラクターの一人だといえるでしょう (chapter 12).[5]

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 118

バーチャファイター VF5FS攻略
 Diagram 114



 相手の防御行動を崩すために選択肢を増やし過ぎると,読み合いが煩雑になりため効率が悪くなってしまいます: ここで重要なのは,

対戦相手の防御行動を崩すことのできる最も効果的な方法を厳選することでしょう.




関連掲示板
Fuzzy Guarding: ttp://virtuafighter.com/threads/fuzzy-guarding.16210/#post-327036
Crouch Dash Fuzzy Option Select: ttp://virtuafighter.com/threads/crouch-dash-fuzzy-option-select.16680/

References
[1] ファジーガード 1
[2] コマンド入力の秘訣 1
[3] 投げの特性 1
[4] ファジーガード 3
[5] キャッチおよびガード崩しの特性 3

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

プライバシーポリシー

本サイトではよりよいバーチャファイター攻略の提供を目的として,Google Analyticsを用いてアクセス情報を収集しています.Google Analyticsは,ファーストパーティCookieを利用して利用者のアクセス情報を収集します.アクセス情報の収集方法および利用方法は,Google Analyticsサービス利用規約およびGoogleプライバシーポリシーによって定められています.Google Analyticsについての詳細は,次のページをご参照ください:Google Analytics

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

・記事が役に立ったら左のバナーをクリックしてね!
・Please click the banner if you are satisfied with our article!