本章の課題
・キャッチ投げと状態の関係 1
・キャッチ投げと状態の関係 2



12・3 キャッチ投げと状態の関係 1
 ここで,chapter 61でブレイズのハイスピードジャブ 46Pや晶の朝陽手 1Pなどの一部の打撃上段打撃をかわしながらヒットする性質をもつと述べたことを思い出してほしい.[1] しかし,ある程度不利な状況からキャッチ投げを潰すときには,この特性は期待できないでしょう.下の図では,Player 1は9フレーム不利な状況です (Figure 126). この場合,Player 2のハイスピードジャブ発生最初のフレームからしゃがみ判定状態ではないことに注意)となりますが, 発生の半分に達した時点でPlayer 1のキャッチ持続段階となることに注目しましょう (See also Diagram 123).

 Catch Throw Execution – Advantage = 15 – 9 = 6
 46P Execution / 2 = 13 / 2 = 6.5

 この場合,キャッチ投げの発生 – 有利フレームの値 (6)が打撃の発生の半分 (6.5)と等しいことからキャッチ投げが成功することがわかります.[2]

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 126



 これまでに述べたキャッチ投げが成立する条件には、我々の知る限り例外がありません.chapter 63で,ブレイズのジャンピングハンマーナックル 8P+K発生段階6フレーム目で空中状態[3]となることはすでに述べました (See also Diagram 63). Player 2 が打撃をガードされて9フレーム不利な状況から,Player 1のキャッチに対してジャンピングハンマーナックルを打った場合には,どちらが勝つのでしょうか.

 Catch Throw Execution – Advantage = 15 – 9 = 6
 8P+K Execution / 2 = 20 / 2 = 10

 キャッチ投げの発生 – 有利フレームは打撃の発生の半分よりもずっと小さな値となっています.しかしこの状況では,Player 2が勝ちます (Figure 127). section 12・1[2]で述べたように,キャッチ投げが掴むことができるのは,同じ状態にある相手だけです.下にフレームチャートをみると,キャッチジャンピングハンマーナックルの発生の半分よりも早く持続段階に到達していますが,この段階でブレイズは既に空中状態になっています (Diagram 126).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 127

バーチャファイター VF5FS攻略
 Diagram 125



 影の風閃刃 3P (23 frames attack)の場合,話はもっと簡単です.影が打撃発生最初のフレームからしゃがみ状態になるからです (See also Figure 123). この場合,風閃刃硬化カウンターヒットして, Player 2はコンボで追撃することができます (Figure 128).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 128. click here if you want to see follow-up combo 1.



 ウルフがもつ特別な投げ技であるスパインバスター 6P+Gの発生は9フレームであり,その間相手が動くことができないときには,この投げが確定反撃となります.[4] これまでに取上げた例で,Player 1がスパインバスターを選ばなかったことに疑問を感じるかもしれません. たしかに,相手が投げ抜け[5]の入力を怠っている場合にはスパインバスターは,第一選択となるでしょう. しかし,相手の失敗に期待するようでは上達を見込めません.中級者以上なら,この状況で保険をかけ忘れることはないでしょう.以降の章を読み進めるうちに,sections 12・2[2]3でウルフが二択を選んだ理由について理解が深くなるでしょう.



12・4 キャッチ投げと状態の関係 2
 Figure 129では,Player 1が9フレーム不利な状況でハイスピードウラカン・ラナ 9P+G (26 frames)に対して風閃刃 (23 frames) を打っています. Figure 128で取上げた状況とは対照的に,Player 1はコンボで追撃することはできませんでした (Figure 129).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 129. click here if you want to see Supporting Information 1.



 Figure 1210に示す例をみると,なにが起きているのか簡単にわかるでしょう.上と同じ状況ですが,今度はPlayer 1は風閃刃の代わりに振り踵落とし K+G (22 frames)を選ぶました.Player 2がバウンドしていることに気づいてください.バウンドは,空中状態あるいは崩れ中に特定の打撃がヒットしたときに生じるエフェクトです.[6] この現象は,Player 1の振り踵落としが空中状態にあるPlayer 2にヒットしたことを示しています.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 1210



 次の例は,ハイスピードウラカン・ラナがもつ状態の経時変化を浮き彫りにします.ここではPlayer 1は円月蹴り 9K+G (30 frames)を行いました.予想通りキャッチ投げは失敗に終わります (Figure 1211). ここで,円月蹴り浮かせバウンドを引き起こしていることに注目しましょう.すなわち,Player 1の円月蹴りハイスピードウラカン・ラナ着地後の地上状態にあるPlayer 2にヒットしています (click here if you want to see Supporting Information 2). この局面でPlayer 2は少なくとも,82 ptsのダメージを覚悟するべきでしょう. (at least ).

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 1211. click here if you want to see follow-up combo 2.



 上の例からわかるように,ハイスピードウラカン・ラナのスカりモーションに打撃で反撃するときに重要な点があります.ブレイズの状態の変化に注意を払わなければなりません.すなわち,適当な打撃を適切なタイミングで当てる必要があります.Player 1が提膝弾腿 (K+G release G within 1 frame)を用いて最速のタイミングで反撃した場合,コンボで追撃する機会を失ってしまうでしょう.重要なのは:

キャッチ投げの問題に対処するには,状態に関する知識が不可欠だということです.

バーチャファイター VF5FS攻略
 Figure 1212



 ハイスピードウラカン・ラナがあまり役に立ちそうもないと失望したかもしれません.しかし,この投げ技の本当の価値は,発生の速度にはありません.もう一度キャッチ投げの特性を思い出してください: 相手は,ファジーガード投げ抜けによってハイスピードウラカン・ラナを防ぐことはできません.このことを踏まえて,キャッチ投げをさらに活用するための方策をchapter 125で紹介します.[7]



VFDC Forums
Unthrowable during some throw ?: ttp://virtuafighter.com/threads/unthrowable-during-some-throw.15993/

References
[1] 打撃の属性 1
[2] キャッチおよびガード崩しの特性 1
[3] 打撃の属性 3
[4] ガード後の確定反撃
[5] 投げ抜けの特性
[6] VFDC, Wiki, Hit Effects: ttp://virtuafighter.com/wiki/hit-effects/
[7] キャッチおよびガード崩しの特性 5

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

プライバシーポリシー

本サイトではよりよいバーチャファイター攻略の提供を目的として,Google Analyticsを用いてアクセス情報を収集しています.Google Analyticsは,ファーストパーティCookieを利用して利用者のアクセス情報を収集します.アクセス情報の収集方法および利用方法は,Google Analyticsサービス利用規約およびGoogleプライバシーポリシーによって定められています.Google Analyticsについての詳細は,次のページをご参照ください:Google Analytics

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

・記事が役に立ったら左のバナーをクリックしてね!
・Please click the banner if you are satisfied with our article!