▼ 注 ▼



この記事の内容は

旧バージョン
のものです.


VF5FS VERSION A. REVISION1

 には対応しておりません.




17_elbl_s
【RD9K+Gの2発目のデータ】
発生: 26F
持続: 5F
G: -5F
RD_9K+Gはワンコマンドで, 2発の打撃が出るが, 特定の状況で使うと2発目のみを触れさせることができる.

その一例として, 今回, コンボを3K+Gで締めた後の受け身攻めを紹介する.

3K+Gのダメージは27と高めであり, コンボダメージが落ちにくい点も利点である.





【参考動画の解説】
6K+G→3PP→P→33K+G (1F消費)→RD_9K+G
NHで総ダメージ70


3K+Gヒット後, RD_9K+Gは55Fで発生し, 5Fの持続により55F〜59Fの間, 攻撃判定をもつ.

3K+Gヒット後の軍の滞空時間は, 27Fである.
横転受け身を34Fと仮定した場合, 行動不可時間は57F〜61Fとなる.


従って, RD_9K+Gの2発目の持続が行動不可時間内に重なる.



持続が重なるとブレイズの硬直が減り, 軽量級であれば

RD_9K+G (2発目)→2P→4KPP

というヒット確認不要のコンボが可能となる. もちろん, ヒット確認から派生を繋げても良い.

ベネ
しかも, この場合, RD_9K+G (2発目)がガードされても僅か–2Fで済むオマケ付きである.

(左写真, 参考動画参照)


更に、この状況では、発生30F(移動含め59F)のRD2Kが、行動不可時間内に重なる.

通常, RD_2Kは被ガードで–16Fあるが, 受け身に持続が重なるとこの不利フレームが–15Fとなる.

つまり, 大半のキャラに確定反撃によるダメージを殆ど取られなくなる.


従って, VF5FSにおいて受け身攻めをしたければ, コンボをなるべく3K+Gで締め, 受け身に対してローリスクに避けられないRD中の打撃を重ねるのがよい. 
以下のコンボ始動技は、ある程度のダメージを奪いつつ3K+Gでコンボを締めることができる.

なお、ダメージが落ちすぎるものについては、参考程度と考えて頂きたい

詳細は, 表左側カラムのコンボ始動技のリンク先の記事を参考にしてください.
  
リンク解説
【6K+G】CHで中量級まで
6P+KP〜P〜2P+K〜3K+G

重中量〜重量級
3PP〜(※P)〜3K+G
※浮きの高さにより、省いた方が無難な場合もある
※ダメージダウン
【4P+K】中量級まで
背PK〜P〜3K+G

重中量
背PP〜P〜3K+G

重量級
背2P〜3K+G
※ダメージダウン
【8P+K】軽量級まで
P〜2P+K〜3K+G
※娘はハの字のときは決まらない
【1P+K】中量級〜重中量まで
6P+KP〜P〜3K+G

重量級
P〜3K+G
※ダメージダウン
【P+K+GP】重量級まで
6P+KP〜3K+G
※+4F以上でキャンセルしない避けにヒットする
【RD9K+GP】重中量まで
P〜3K+G
※ダメージダウン
【背面PPK】軽量級まで
2P〜3K+G
※軽量級には2P〜2KPKが入るため、ダメージダウン
【2_6P+K】
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

プライバシーポリシー

本サイトではよりよいバーチャファイター攻略の提供を目的として,Google Analyticsを用いてアクセス情報を収集しています.Google Analyticsは,ファーストパーティCookieを利用して利用者のアクセス情報を収集します.アクセス情報の収集方法および利用方法は,Google Analyticsサービス利用規約およびGoogleプライバシーポリシーによって定められています.Google Analyticsについての詳細は,次のページをご参照ください:Google Analytics

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

・記事が役に立ったら左のバナーをクリックしてね!
・Please click the banner if you are satisfied with our article!